ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア


ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアとはどんな犬?

●体高:約28cm

●体重:5~10kg

●抜け毛:少ない

●吠えやすさ:中くらい

●運動量:中くらい

 

特徴

「ウエスティ」とも呼ばれ、四角い感じの顔つきにコンパクトな身体。性格は明るく無邪気、そして好奇心旺盛でとても活発。遊ぶのが好きなので、散歩やボールを追いかけることも喜んでします。独立心があり、ひとりでいることを好む個体もいますが、友好的であり、乱暴に扱われたりしなければ子どもともうまくやっていけます。また、勇敢で物怖じしませんが、しつけをしっかりしていれば他の犬に絡むことはないようです。ただ、鳥やハムスターなどの小さなペットは追いかけてしまうかもしれません。寒さに強くなく、温暖な地域では屋外でも飼えますが、できれば家族と一緒の屋内で飼うことをおすすめします。被毛は、名前の通りホワイト(白)で、二重構造になっており、定期的にブラッシングをして、3~4ヵ月に1回はトリミングをしてあげるとよいでしょう。

 

歴史

ケアーン・テリアなどから産まれた白い子犬だけを選別して繁殖させていったものが、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアにつながったと考えられています。伝えられるところによると、19世紀、スコットランドのウエスト・ハイランド地方に位置するポルタロックに住んでいたエドワード・ドナルド・マルコム大佐が、色が似ていたために小麦色のケアーン・テリアを狐と間違って撃ち殺してしまい、ひどく落ち込んだことから、今後二度とそのようなことのないように、白いテリアを繁殖しようと考えたという話があります。そうして作出されたテリアは、最初は、ポルタロック・テリアと呼ばれましたが、マルコム大佐はそれを拒絶し、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアと改名されるに至りました。

 

ちょこっとコラム

■JKC(ジャパン・ケネル・クラブ)が公開している登録頭数によると、2010年から2013年にかけて30位台前半で推移しています。