ミニチュア・シュナウザー

ミニチュア・シュナウザーってどんな犬?

●体高:30~35cm

●体重:4~8kg

●抜け毛:少ない

●吠えやすさ:多い

●運動量:多い

 

特徴

体高と体長が似ているため、横から見ると正方形のような体形をしていて、顔も四角張っています。全身が硬い被毛で覆われていて、柔らかい下毛とワイヤーのような上毛があるダブルコートです。特に、脚、鼻の周り、眉の部分が長くなっています。毛色はソルト・アンド・ペッパー、ブラック、ブラック・アンド・シルバー、ホワイトがある。ただし、ホワイトは、国によっては認めていないところもあります。また、尾は生まれつき短いのではなく、断尾されます。耳も元々は垂れ下がっているところを断耳して立った耳にする場合もあります。ただ、ヨーロッパの多くの国で、断尾や断耳は非合法となっています。

 

性格は、明るく陽気で、遊び好き、好奇心も強く、勇敢で、愛情深いです。聡明で従順な面や人懐こいところもあるので、子どもともうまく接するでしょう。脚の太いミニチュア・シュナウザーですが、動きはすばやいです。しっかりとした足取りで、頑丈かつ活発ですが、運動は散歩や庭での遊びがあれば大丈夫です。暖かい地域でなら屋外でも耐えうりますが、屋内で飼う方が適しています。

 

歴史

ミニチュア・シュナウザーは、開発経緯についての記録は残っていないようですが、スタンダード・シュナウザーを小型化する意図があったことは確かなようです。ドイツが原産で、19世紀にスタンダード・シュナウザーやアッフェン・ピンシェル、プードルとの交配で生まれたものと言われています。農場の番犬やネズミ捕りのために開発されたとも言われており、体の小ささが、狭いところにも入って行けるようになっています。ドイツでは、小型を意味するツヴェルクと、この犬種に特徴的な鼻口部を意味するシュナウツを合わせて、ツヴェルク・シュナウザーとして知られています。

 

アメリカケネルクラブは、スタンダード・シュナウザーについてはワーキング(使役犬)・グループに分類し、ミニチュア・シュナウザーについてはテリア・グループに分類していますが、ジャパンケネルクラブ(JKC)では、使役犬として分類しています。

 

ちょこっとコラム

■日本での人気は高く、JKC(ジャパンケネルクラブ)で公開されている1999年以降の登録頭数によると、1999年の17位から徐々に順位を上げ、2004年以降10位以内を保持しています。

 

ミニチュア・シュナウザーの新着子犬一覧

  • 販売中
    子犬画像

    33-637 ミニチュア・シュナウザー

    誕生日 2014年6月22日(月齢 約38ヶ月)性別オス
    毛色グレー エリア大阪府
    価格218,000 円(税込み) 状況 販売中
    PRとっても綺麗な男の子です★