ボクサー

ボクサーとはどんな犬?

●体高:53~63cm

●体重:23~36kg

●抜け毛:少ない

●吠えやすさ:少ない

●運動量:多い

 

特徴

力強くガッシリした体型に少し強面の外見とは裏腹に、穏やかな優しい犬種ですが、早い段階からしっかり躾をしましょう。また、見知らぬ者に対する警戒心をもち、利口で賢いです。エネルギッシュで活発なので、毎日の運動も欠かせません。毛色はフォーンとブリンドルがあり、短い被毛のお手入れはしやすく、週に1~2回、ブラッシングしてあげるとよいでしょう。

 

歴史

ヨーロッパのブラバント地方にいた「ブレンバイサー(Bullenbeisser)」、牛噛み犬という意味の犬が直接の祖先だと言われています。また、ボクサーは、あらゆるブルドッグタイプと血縁関係にあり、両方ともが、モロシア犬に由来しています。

 

食肉市場での呼称「boxl」(ドイツ語)からボクサーと呼ばれるようになったという説もあれば、闘犬として活躍する際の姿がボクシングのボクサーのようだからという説、その他にも色々と諸説あります。

 

ボクサーが、アメリカ・ケネル・クラブ(AKC)に公認されたのは1904年ですが、民衆が心から関心をよせるようになったのは1940年頃のことです。

 

ちょこっとコラム

■JKC(ジャパン・ケネル・クラブ)が公開している登録頭数によると、2013年の35位を除き、2001年以降40位台を保っています。